【要改善】アドセンスで結果が出ない5つの特徴を分析しよう

ブログの分析
ブログを運営していてアドセンスをやっているけれども、なかなか結果が出ないという方も多いのではないでしょうか?

こんな時、何も対策を取らずに放置していてもダメなので、どこに問題があるのか?をしらべて改善していく必要があります。

 
この結果が出ない理由の特徴ですが、5つにまとめることができます。

内容は、すぐに改善できることから、時間がかかるものまでいろいろです。

この記事を見て、あなたのブログや記事のどこに問題があるのかをチェックしてくださいね。

アドセンスで結果が出ない5つの特徴とは?

キーワード選定が間違っている

上位表示しやすいキーワード
アドセンスで結果を出すためには、アクセスが不可欠。

アクセスが少ないと、当然ながらアドセンスの報酬は少ないです。

アクセスを多く得ようとするためには、キーワード選定がもっとも重要です。

 
このキーワード選定ですが、選び方が間違っていると、

  • 上位表示されても記事を読む人がいない
  • ライバルが多くて上位表示されない

となります。

 
検索需要がないキーワードを選んでいた場合、記事は上位表示しているけれども検索する人がいないので、アクセスが少ない場合があります。

また、ライバルが強いキーワードを選んだ場合、記事は上位表示できないので、アクセスがありません。

つまり、「検索需要があり、ライバルよりも上位表示できる可能性があるキーワードを選ぶ」ことが大事になってきます。

 
記事を書いても書いてもアクセスが伸びないブログは、キーワード選定に問題がある場合が多いです。

ダメな場合は、キーワード選定のやり方を見直したほうがいいですよ。
ハル

 

記事タイトルのつけ方が悪い

ブログの運営
記事を作成する時、記事タイトルはかなり重要になります。

なぜなら、読者にクリックされるような記事タイトルをつけていないと、記事を読んでもらえないからです。

また、記事タイトルに重要なキーワードが入っていないとダメですし、読者に読むメリットが伝わるようにしないといけません。

せっかく検索結果の1ページ目に表示されたとしても、クリックされないでいると、他の記事の順位が上がり、あなたの記事の順位は落ちて行ってしまいます。

 
記事タイトルを上手につけるポイントはいくつかあります。

具体的な方法は、こちらの記事を見てくださいね。

 

記事数が少ない

アドセンス 記事数
アドセンスで結果が出ない原因の一つとして、記事数が少ないことが挙げられます。

アドセンスは、クリック単価が1回30円前後と低く、1%前後しかクリックされません。

ある程度の金額を稼ぐためには、上位表示されて、読まれる記事がより多く必要になります。

 
記事数ですが、どれくらい必要なのか?というと、20~30記事程度では少なく、初心者さんだと50記事でも少ない場合が多いです。

結果を出すためには、100記事以上は必要だと思っていたほうがいいでしょう。

 
なぜ、100記事なのか?というと、初心者さんの場合、読まれる記事ばかりではないからです。

記事を上位表示させるコツがわかっている方だと、50記事位でも大丈夫なのですが、初心者さんだと、記事に当たり外れがあります。

中には、まったく読まれないという記事もでてくると思いますので、記事数は多く必要になってきます。

 
ただ、「100記事書けば確実に稼げるようになる」ということではありません。

これは、300記事書いても同じこと。

読まれていない記事がいくらあっても意味はなく、逆にブログの評価が下がってしまう可能性もあります。

記事数が必要というのは、上位表示され、読まれている記事が一定数は必要だという事になります。

 
記事は、こちらの教材を使うと多く投稿できるようになりますよ。

▶▶▶FAAP(フルオートメーションアドセンスパッケージ

 

アドセンスの貼り方が悪い

アドセンス クリック率
アドセンスの貼り方についてはいろいろな意見があります。

できるだけ多く貼ったほうがいいという方や、効果がある場所に貼っておけば大丈夫というような意見などさまざま…

わたしが推奨するのは、読者に与えるストレスを少な目にして、まずまずの収益を得ることができる貼り方です。

 
アドセンスは、読者から見るとうっとうしいもの

記事を読んでいる途中で広告を見るわけですから、できるだけストレスを与えないように見せたほうがいいでしょう。

多く貼ればアドセンスによる収益はアップしますが、同時に読者の不満度も高まります。

 
不満度が高いとすぐに離脱されるかもしれないですし、記事を1度だけ見た後、もう訪れてもらえないかもしれません。

直帰率が高く、滞在時間が短くなると、結果的に記事やブログの評価は上がりません。

評価が低いと、上位表示される記事は少なくなります。

 
直帰率を下げ、滞在時間を少しでも長くしたいと考えるのであれば、アドセンスの数は調整したほうがいいでしょう。

アドセンスの基本的な配置は、こちらの記事を見てくださいね。

 

記事の内容が悪い

アドセンス 興味がない
また、記事の内容が悪いと、読者に記事を読んでもらうことができません。

  • つまらない
  • 価値がない
  • 読みにくい

と判断されると、すぐに離脱されてしまいます。

 
さきほども書きましたが、直帰率が高く滞在時間が短いと、記事やブログの評価は上がりません。

評価が低いと、記事が上位表示される確率は低くなるので、アクセスは伸びず、アドセンスによる収益も増えません。

 
改善する方法ですが、まずはグーグルアナリティクスを使い、直帰率が高く、滞在時間が短い記事をチェックしましょう。

具体的には、

①行動⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページを選択します。

②右上の期間を3か月間に設定。

③直帰率が90%以上で、平均ページ滞在時間が30秒以下の記事をチェック。

という手順になります。

③の条件に該当する記事は、まともに読まれていないので改善する必要があります。

できない場合は、noindexにするか削除したほうがいいでしょう。

また、この条件以外でも、直帰率や平均ページ滞在時間が、平均よりかなり悪い場合は改善したほうがいいですよ。
ハル

 

読みやすい文章を書くコツは、こちらの記事を見てくださいね。

さいごに

アドセンスをやっているけれども結果がついてこないという方は、今回紹介した5つのうち、どこに原因があるか?を分析し、改善することです。

ただ、改善したからといってすぐに結果が出るとは限りません。

記事タイトルや内容を変更した場合、早ければ1週間もしないうちに順位に変化がありますが、だいたいは3か月以上かかります。

 
時間はかかりますが、結果がついてこないからといって焦らず、ひとつずつ改善していきましょうね。

記事がよかったと思う方は押してくださいね

『ブログランキングの応援です』

コメントは受け付けていません。