アドセンスで稼げないジャンルとは?おススメはあるの?

ブログのジャンル
雑記ブログは、生活に関することや体験談・イベント・悩み事など、基本的にはなんでも記事にしていいので、初心者の方はさまざまなジャンルで記事を書こうと思われるかもしれません。

ただ、実際は、記事を書いてもほとんど上位表示することができないジャンルがあります。

上位表示できないと、記事が読まれることはなく、アドセンスはクリックされないので稼ぐことはできません。

 
では、いったいどんなジャンルがダメなのでしょうか?

今回は、稼げないジャンルと理由を紹介します。

参考までにどうぞ。

アドセンスでおススメしないジャンルとは

ブログのNG
アドセンスでおススメしないジャンルがあります。

それは、ASPの商品が多く報酬が高めのジャンルです。

例を挙げると、

  • 転職
  • 保険
  • 金融(クレジットカード)
  • 引っ越し
  • 婚活・出会い系
  • 車・バイク査定
  • ウオーターサーバー
  • 英会話
  • カニ関連
  • FX
  • 育毛・脱毛

 
などであり、レッドオーシャンとされています。

レッドオーシャンとは、競争の激しい既存市場のこと。

アフィリエイトの場合、稼ぎは大きいけれどもライバルが多い市場になります。

 
この他にもあるかもしれませんが、これらのジャンルは、アフィリエイターが気合を入れて書いている記事が多いです。

また、企業が本格的に参入している場合もあります。

初心者が記事を書こうと思った場合、キーワード選定がかなり上手じゃないと、上位表示することはむずかしいです。

 
ちなみに、これらのジャンルについてはアドセンスのクリック単価が高めです。

ただ、上位表示されないと意味がないので、これらのジャンルについての記事は書かないほうがいいでしょう。

医療(健康)に関する記事も書かないほうがいい

ブログの医療
また、医療(健康)に関する記事も書かないほうがいいです。

これらは、グーグルのアップデートにより、公的機関や信頼のおけるサイト以外、記事の順位が大きく下がり上位表示しづらくなりました。

今まで、健康食品やサプリなどを販売していたアフィリエイターの中には、どうにもならなくなったので廃業された方もいらっしゃいます。

また、薬機法という法律に抵触しないで書く必要があるため、かなり難易度が高くなっています。

 
実際、どこの誰かもわからない人に、「このサプリは〇〇に効果的ですよ!」と紹介されても、信頼することはできません。

グーグルとしては、不確かな情報を上位表示したくはないので、こういった設定にしたのでしょうが、当然といえば当然です。

上位表示することはむずかしいので、このジャンルに関しての記事は書かないようにしましょう。

おススメなジャンルはあるの?

上位表示しやすいキーワード
ここまで読んでもらった上で、じゃあどんなジャンルがおススメなの?となると思います。

ジャンルはとても多いのですが、特にこれといったものはありません。

 
ただ、ジャンルではないのですが、キーワードについてはおススメがあります。

それは、ネガティブキーワード

ネガティブキーワードは、成功するイメージとは逆に、「失敗したらどうしよう…」という人間の心配や恐怖心などに関するキーワードになります。

 
日本人は、失敗をイメージする方がとても多いので、キーワードとしての需要はかなりあります。

一般的なものだと、

  • 効果なし
  • 痩せない
  • まずい
  • 副作用
  • 危険
  • 失敗

 
になります。

 
また、アフィリエイトの場合だと、

  • 詐欺
  • 稼げない
  • 使えない

 
ですね。

アフィリエイトに関するネガティブキーワードは書いている方がとても多いのですが、一般的なものだとライバルは意外と少ないです。

「〇〇+ネガティブキーワード」でしらべた場合、思わぬお宝キーワードを発見できる場合があります。

実際、わたしが運営する雑記ブログでも、ネガティブキーワードを中心にした記事タイトルで上位表示している記事はいくつもあります。
ハル

キーワードを選ぶポイントは?

ブログのポイント
キーワードを選ぶポイントは、細かくリサーチすること。

雑記ブログの場合、毎日の生活の中で気になったことを調べて記事にしていくといいです。

キーワード選定さえうまくいけば、少ない文字数でも上位表示することはできますし、アクセスも集まります。

  • キーワードの検索需要
  • ライバルチェック
  • 上位表示している記事よりもいいものが書けるかどうか?

 
など、ひとつひとつ判断しながら、キーワードの選定を行い、記事にしましょう。

 
ライバルチェックについては、こちらの記事を見てくださいね。

さいごに

いかがだったでしょうか。

記事は、ジャンルやキーワードをていねいに選定する必要があります。

ライバルが強いジャンルで記事を書くのは避け、このキーワードであれば上位表示できると納得したキーワードで勝負することです。

いきなり書こうとせず、時間をかけて選び抜いてくださいね。

記事がよかったと思う方は押してくださいね

『ブログランキングの応援です』

コメントは受け付けていません。